事業領域

興人ライフサイエンスは約半世紀にわたり、食品分野で酵母のチカラを活かしてきました。食品の「おいしさ」を感じる、3つのポイント「うま味」「コク」「風味」を軸に製品開発を展開し、それぞれに特徴的な製品を提供することで、豊かな食文化に貢献しています。

うま味

「うま味」とは、「だし」に代表される、昆布や鰹節、洋食ならブイヨンなどの味わいで、「おいしさ」を決める極めて重要な味覚要素です。このうま味を、天然調味料でプラスするのが、興人ライフサイエンスの製品シリーズです。私たちは、うま味の発現を「先味・中味・後味」と時間軸で捉えることで、あらゆる味の設計を可能にしました。

コク

「コク」とは、味の“濃さ”や“満足感”、さらに“奥行き”や“深み”につながる感覚です。私たちの製品は、調理感や濃厚感を付与すると共に、各素材の特徴を増強させることも重視しています。

テイストモジュレーター

新商品「アジレックス®NH」は、ぺプチド・食物繊維などを豊富に含む一方で、アミノ酸や核酸などのうま味成分を含まない画期的な味質を持った酵母エキスです。そのため調味加工品用途のみならず、スイート分野である飲料・デザート・乳製品を含む幅広い食品において、味のバランスを保ったまま甘味・塩味のエンハンスや、ボディ感・素材感アップにご使用頂けます。当社としては、この様な基本五味に与える調節機能や厚み付与効果を「テイストモジュレーション」と定義しており、そのような効果を発揮する酵母エキスを「テイストモジュレーター型酵母エキス」と位置づけています。