飼料用 ハイチオンコーボ®MG

ハイチオンコーボ®MGは純粋培養したトルラ酵母を乾燥させたもので、主成分であるグルタチオンを3%以上含有する乾燥酵母です。
グルタチオンの構造はグルタミン酸、システイン、グリシンの三つのアミノ酸からなるトリペプチドで動物、植物、微生物に広く分布し、特に動物の肝臓に多く含まれます。
ハイチオンコーボ®MGは以下の効能から、水産用、畜産用飼料、ペット用サプリメントとして広く使用されています。

強肝作用

ハイチオンコーボ®MGに含まれるグルタチオンは、人に対しても強肝薬として使用されており、水産・畜産の分野でも強肝剤として利用されています。

抗ストレス作用

ストレスの指標となるコルチゾールの上昇を抑制する作用のあることが、ラット、ブリ、フグなどで確認されています。
また、ラットにおいてストレス由来の胃潰瘍の発生を抑制する作用や、牛の出荷前後のストレス緩和に利用されています。

抗酸化作用

グルタチオンは還元作用のある物質で、グルタチオンを豊富に含むハイチオンコーボ®MGにも抗酸化作用が期待できます。

免疫賦活作用

ハイチオンコーボ®MGはトルラ酵母をまるごと乾燥していますので、細胞中のグルカンや核酸など免疫賦活作用のある物質も含まれています。